不登校の原因と対策



不登校の対策

 

子どもが学校へ行かなくなる不登校になったら、保護者や学校はどうしたらいいのでしょうか。

 

学校を休むようになる原因は、大きく分けて二つに分かれます。
一つ目は学校で勉強するのがつまらない、外で遊ぶのが楽しい、非行仲間とわいわい楽しくやりたいなどという非行型のタイプです。

 

二つ目は大きな社会問題にもなっている、学校の先生や友達との人間関係で悩んでいる、いじめられている、クラスに自分の居場所がないという心の悩みによるタイプです。

 

不登校の対策は学校を休み始めたらすぐに何らかのアクションを行うのがベストです。
何日も、あるいは何週間も欠席が続くようになってからでは、本人も学校に復帰しにくいのでますます復学が遅れます。

 

できるだけ本人から学校へ行きたくない理由を自分から話すようにさせましょう。
親や学校の先生が無理やり聞きだしてもたいてい上手く行きません。
こういうことがあるから行きたくないんだと声に出して言えるような環境作りをしてみてください。
その上で原因となっている事柄を、学校側に解決してもらうように保護者から連絡しましょう。

 

不登校の原因が解決されたにもかかわらず、まだ学校を休み続けている場合は、本当の原因がまだ他に隠れていることがあります。
学校生活だけに原因があるのではなく、その子どもの育った家庭環境に問題がある場合もあります。
早期に専門家に相談するのも一つの手です。
不登校の対策は、本人、保護者、学校、専門家が協力して解決すべき問題です。