不登校の原因と対策



不登校の原因

 

不登校の原因として実にさまざまなことが挙げられますが、「いじめ」「学校での友達や先生とのトラブル」「学業不振」「家庭での問題」などが多く見られるようです。

 

また、不登校は大きく分けると「学校に行かない」と「学校に行けない」の2つのタイプがあるといいます。「学校に行かない」子どもは、自分である程度原因がわかっています。しかし、いじめが原因の場合では言い出せないことが多いといいます。

 

中には「不登校の理由がない」という子どももいるそうですが、この場合は「理由がない」という原因を把握していますので「行かない」子どもに分類できるでしょう。

 

対して「学校に行けない」子どもは、行きたい気持ちがあるのに朝になると頭痛や腹痛といった症状が出て、結果行けなくなります。この場合は、自分でも明確な原因がわかっていないことが多いようです。

 

どちらであるのか正確に判断しないと、対応が噛み合わず状況を悪化させるケースもあるので注意が必要です。特に原因が「理由がない」という子どもは「怠惰」というレッテルを貼られ、心の傷を深くしていることが多いといいます。

 

不登校の原因を自分の育て方のせいではないかと憂慮する親御さんも多いと聞きますが、このように誰が悪い、何が悪いといった責任追及は無意味です。今ここにいる子どもの様子を冷静に観察する、できる限り言葉を交わしその中から糸口を探すというように、現状の問題を解決していくという姿勢が重要といえます。