不登校の原因と対策



不登校の対応の仕方

 

不登校は年々増えているという状況をふまえて、文部科学省でも、不登校のへの取り組みをしています。

 

社会的自立に向けた情報提供や学習支援、社会的自立にむけた進路の選択肢を広げるネットワークによる支援、学校教育の役割や意義を考えたうえでの教職員の努力、待つだけではなく生徒の状況を理解する努力と働きかけること、学校と家庭と関係機関の連携による家庭への支援などが不登校の対応として必要であるとして挙げています。

 

実際に不登校の生徒の対応としては、原因は色々あるのでなかなかマニュアルのようには上手くは出来ないように思われますが、保護者の方は子供を責めることはしないで理解する努力をすることが必要といわれています。

 

学校に行かないで家にいるのですから、子供にしてみれば家は安全な場所であるので、家庭は1番安心できる場所にしてあげることが大事なことです。

 

引きこもりにしてしまわない為にも、学校以外で外へ連れ出すことも必要になってきます。
保護者の方には、学校とも連絡を取りながら登校に向けた対策をしていくことも必要です。

 

いじめなどが原因である場合は登校することは命に関わる場合もある為、強要しないで見守ることが必要です。

 

親は辛い気持ちを理解してあげることと、あなたは大事な人であるということを本人にわかってもらうことも大事なポイントです。
学校とも相談して、出来れば家庭で学習できるような対策がとれるようにしてあげましょう。
転校することで、学校へ行けるようになる場合もあります。