不登校の原因と対策



不登校のカウンセリング

 

不登校の子供を持つ親はどうしたらいいものか悩んでしまいますが、悩んでいても解決には繋がらないので、出来ることなら親子でカウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。
子供がカウンセリングを受けることを拒否しなければ、自分でも何とかしないといけないと思っているはずです。

 

不登校になった原因がいじめや、先生にある場合、原因になっていることを取り除くことは難しいです。
勉強は家でも出来ますからその方向でアドバイスを受けることも出来るのではないでしょうか。

 

原因を取り除くことが出来て、子供の精神的な苦痛を和らげることが出来れば不登校も解決できるかも知れません。

 

学校へ行くことが苦痛で実際行くことをやめてしまう気持ちはその人にしかわかりません。
子供が理由を話してくれたとしても、親にとっては理解できるものではないかもしれません。
子供がカウンセリングを受けることを拒否しているのでしたら、親だけでもカウンセリング相談を受けてみてはどうでしょう。

 

自分は何をしたら良いかとか、子供にどう接したら良いかなどアドバイスを受けることで困ってしまっている自分も精神的に少しは楽になり、前向きに考えることが出来るかもしれません。

 

不登校になってしまった子供の心を傷つけてしまって、親に対しても心を閉ざしてしまったら、かなり大変なことになるように思われます。
どうしていいのかわからないまま20年も経ってしまうようなことにならない為にも、早めにカウンセリングを受けて頂きたいです。